【鬼滅のマーケティング】

映画「鬼滅の刃」メチャクチャおもしろかったです。

後半は、大人でもグッシグシに泣けます。

絶対見て欲しい映画です。

映画も素晴らしかったのですが、

秀逸なマーケティングの現場に触れたので

お伝えしようと思います。

私と娘2人で、ショッピングモールの映画館で

鬼滅の刃を鑑賞したのですが、

そこで、秀逸なマーケティングが展開されていました。

それはどんなかと言いますと

①映画チケットの半券でモール内の

 ゲームセンターで抽選会に参加できる

②抽選に当選すると鬼滅グッズがもらえる

 ハズレでもクレーンゲーム1回無料券がもらえる

※他の業種とコラボすることを「ジョイントベンチャー」と言います。

えっそれだけ!?と思うかもしれませんが、

これがなかなか緻密に計算されています。

まず、

鬼滅の刃を見る客層「子ども連れの親子」

・映画館入口に「半券でゲームセンター鬼滅抽選会」の告知

・その告知を見て子どもはめっちゃ反応する

・映画終了後ダッシュでゲームセンターへ

・ゲームセンターには抽選待ちの行列

・アタリ →鬼滅グッズ

 ハズレ →クレーンゲーム1回無料券

・ハズレました →クレーンゲームへ

※クレーンゲームは追加1回券となり、必ず先にお金を入れる仕組み!

・100円入れる、追加1回で合計2回分やる

・クレーンで景品とれない、、、悔しくて追加投資

 そのループ!!! 結局3,000円くらい使いました。。。

※しかも、クレーンゲームの景品は鬼滅グッズ増量!

ポイントは「導線」の素晴らしさ!

ゲーム機選び、とまずお金を入れてもらうルール設計、

クレーンゲームにすることで、悔しい、もう1回を誘える

鬼滅を観た客を意識してグッズを増量で、

ゲームの待ち時間を減らし、売上スピードもアップ!

ゲームセンターと映画館はごった返していました!

見事なマーケティング戦術だと感動しました。

私はこれを「ザ・ピタゴラスイッチマーケティング」と命名します(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。